趣味

動画編集・制作で案件からお金を稼ごう!【オススメソフトも解説】

ユウ
ユウ

こんばんにちは、ユウです。

今回は私が初めて動画で案件をもらった経験を含めて、動画編集・作成でどのように案件を獲得して行くのかについて紹介していきたいと思います。

私に対しての動画の作成依頼などはTwitterなどからお願いします。

本記事のメリット

☑動画編集・制作でお金を稼げる!

 オススメする動画編集ソフト

まずは動画編集におけるソフトを紹介していきたいと思います。

私がオススメする編集ソフトは以下のものです。

無料ソフト

・Aviutl

有料ソフト

・Filmora(フィモーラ)

Premiere Pro

・After Effects

Aviutl

メリット

・何でもできる

・教材動画がかなり多い

デメリット

・時間がかかる

まず初めに私が使用している動画編集ソフトですが、無料ソフトである「Aviutl」を使用しています。

初めてパソコンで動画編集をしたいという方はこのAviutlを使ってみることをおすすめします。

AviutlはOSがWindowsという制限がありますが、基本的にできることは有料の編集ソフトと何ら変わりありません

ですが、有料ソフトでは簡単にできる効果でも、Aviutlでは3倍の時間がかかってしまうといった場合もあるので有料ソフトのほうがはるかに楽ができます。

教材もネットには動画としてかなり多く存在しているので、初心者の方でも始めやすいかと思います。

Aviutlのダウンロードについては以下の記事からがオススメです。

【初心者向け】AviUtlを使って動画編集を始めてみよう!今回は無料の動画編集ソフトである、「AviUtl」について紹介しています。昨今ではYouTubeがかなり盛り上がりを見せ、多くの人が動画編集を始めようとしています。 そのような方達に向けて、「AviUtl」のインストールのやり方から、プラグインの導入方法まで説明しているので、ぜひ足を運んでみて下さい。...

Filmora(フィモーラ)

メリット

・直感的に使いやすい

・結婚式ムービーやYouTubeの編集向き

デメリット

・がっつりとした編集は不向き

Filmoraは直感的に分かりやすいソフトで小学生でも扱いやすい評判のソフトです。

その反面、細かい編集に不向きですのであくまで初心者用のソフトであるという認識で購入してみたほうが良いです。

返金は不可となっているのでよく考えてからの購入をお勧めします。

まずは無料版が配布されているので、そちらのほうを使ってみてから決めてみたほうが良いかと思います。

無料版は動画全体にFilmoraのロゴがついてしまうのが難点ですが、他の機能はきちんと使えるので一度使用してみてはいかがでしょうか。

 Premiere Pro & After Effects

Premiere ProとAfter Effectsの違い

たまにAdobe製品であるこの2つを混合してしまっている人を見かけるので、一度紹介しておきます。

特徴

・Premiere Pro

 比較的眺めで複雑ではないムービー作成

・After Effects

 デジタル合成、モーショングラフィックス製作が目的

Premiere Pro

Adobeが販売している編集ソフトウェアです。

このソフトは素材となるムービーのパーツを時間軸に並べて編集するためのソフトウェアとなっています。

いくつものカットを繋いだり、簡単なテロップを入れたりするのが主な作業です。

After Effects

こちらもAdobeが販売しているソフトウェアです。

このソフトではレイヤーに適用する数多くのエフェクトが用意されており、エフェクトをかけることにより色の補正やイメージ変形などが可能です。

 

これら二つのソフトはそれぞれ特化している特徴を持っており、Adobe製品との連携ができるので、動画編集・制作においてほとんどのことができるようになっています。

お金に余裕がある方は、まずはPremiere Proから始めることをおすすめします。

案件の取り方

案件の取り方については人それぞれですが、私がオススメするのは2通りあります。

1.Twitter(SNSなど)

2.ココナラ

1.Twitter

メリット

・始めやすい

デメリット

・自分からアプローチしないといけない

私の場合はTwitterを使って、たまに依頼を受けています。

Twitterですと自分が作成した動画を簡単にアップロードでき、様々な人に見てもらう機会が増えるのでオススメです。

投稿するときはハッシュタグ(#)などを使うとより見られやすいので、最初のうちはどんどん使っていったほうがいいかと思います。

また、動画を依頼している方なども検索するとかなりいらっしゃるので、そういった方にもアプローチしていくのはありかと思います。

Twitterですと、ほぼ匿名性といったこともあり始めるのも簡単かと思いますので始めてみてはいかがでしょうか。

2.ココナラ

メリット

・依頼者から来る可能性が大きい

デメリット

・分野によっては競争が激しい

ココナラはスキルのフリーマーケットといわれるサイトです。

たまにCMとかでもみますよね。

様々なスキルを売買できるのが特徴で、その中に動画編集・制作も含まれています。

私の場合いほとんどの依頼をココナラで受けています

ですので、どのようにココナラで案件を取れるのかについても軽く説明していきます。

案件獲得について

初めての依頼は最安値の3,000円でMVの制作を引き受けました。

私の場合は、普段動画制作は趣味でやっているのでこの値段でも満足しましたが、人によっては安すぎるといったふうに思われるかもしれません。

ですが、最初のうちは、あなたがスキルに対してこのくらいほしいと思っている最低限の値段にしておいたほうが、初めての案件は取りやすいかと思います。

また、スキルを販売するにあたってなるべく質の良い動画を作っておくべきかと思います。

例えば、YouTubeに上がっている動画の良いと思った編集を真似して自分なりに作ってみるのもかなり良いかと思います。

それだけでも自分の作品へと作り上げていくことができるかと思います。

そして、一番大事だなと感じたのは
ココナラにログインし続けること
です。

ココナラではログインしていると、自分のスキル商品が検索されやすいようにしてくれることがあります。

ですので、できるだけ自分の商品を出した後は毎日ログインしてみてください。

また、案件獲得には自分からアプローチしていく方法がありますが、かなり倍率が高いので最初のうちは「運が良ければ…」の気持ちで応募しておいたほうが気が楽になります。

ココナラについて興味を持ってくれた方は始めてみてはいかがでしょうか。


最後に

初心者が初めて案件を獲得するのは難しい事です。

初めのうちはそんなものだ思って行動すると前を見て進むことができるかと思います。

あなたが案件が取れることを心から願っています。

今回はこれで以上となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ABOUT ME
ユウ
ユウ
プログラミング担当です。夜行性大学生やってます。 メンバーの中で一番プログラミングが得意で、将来はBMIという研究をしてALSの患者さんへの医療機器の開発を目標にしています。(すごそう) 無線LAN有線LANより便利。