健康

【苦しみからの解放】マインドフルネスとは?【メリット・やり方を解説】

レイ
レイ

こんにちは、レイです。

今、この記事を書いています。

ということで、マインドフルネスについての解説をします。

マインドフルネスを行うと、自分の悩みや不安を解消するキッカケになります。

今回の記事を読むメリットは、以下の通りです。

・マインドフルネスがわかる

・やり方や効果がわかる

マインドフルネスとは?

結論:今、自分が~してると認識すること

 

あなたがこの記事を読んでいるならば

読者
読者
私は今、この記事を読んでいる

そう認識することこそがマインドフルネスです。

Mindfulとは、心がある、気にするという状態で、今行っている行動や思考を認識している状態です。

反対の意味であるMindless(マインドレス)は、心がない状態のことで、自分の行動や思考に気づいていない状態になります。

固有名詞の形にするときにnessがついています。

マインドフルネスを行うことで、メリットがたくさんあるので、今回は解説しています。

【悲報】ほぼ全ての人はマインドレスです。

先ほど説明したように、マインドレスとは、心がない状態です。

つまり、自分が何をしているか認識していないということです。

あなたは、

「今、テレビを見て笑っているな~」

「勉強をして、教養を身につけているな~」

と実感しながら生きていますか?

マインドフルネスの考え方を知らなければ、そんなことは考えないと思います。

ですので、これまでマインドフルネスを知らなかったとしても後悔する必要はありません。

マインドフルネスのメリット

結論:言葉で認識することで苦しみがなくなります

これが一番です。

私もマインドフルネスを実行してみましたが、

・将来の不安

・過去の後悔

・他人の考え

などをくよくよ考えることは減り、苦しみがなくなっていることを実感しています。

そのほかに

・冷静になれる

・自分の考えに気づける

・集中力があがる

・自信が生まれる

・ご飯が美味しくなる

などがあり、かなり効果のある思考方法です。

今、忘れているような感覚を再度味わうことのできるものです。

マインドフルネスのやり方

結論:今この瞬間に集中すること

これはアドラー心理学でも、よく言われることです。

未来や過去を考えずに、今この瞬間のみに意識を集中させます。

多くの人の悩みや不安は

・未来

・過去

・他人の気持ち

などを考えて、生まれます。

ですが、これは今この瞬間のことではないですね。

具体的なやり方は、以下の通りです。

  1. 今の行動、思考を言葉にする(実況する)
  2. 観察する自分を持つ

順番に解説します。

今の行動、思考を言葉にする(実況する)

今自分がやっていることを言葉にしましょう!

「マインドフルネスに関する記事を読んでいる」

「明日のことについて考えている」

「ご飯が美味しいと感じている」

などです。

このことで、より現実を実感できます。

この時の注意点として、

ありのままを言葉にするということです。

無理に前向きに捉えようとせずに、ネガティブなことも、悪意を持った感情も全てありのままです。

「失敗してしまうことを恐れている」

「あの人が私のことを嫌いになったと思っている」

「イライラしているので、衝動的にものを壊したいと思っている」

などです。

このことで、

・自分を客観的に見ることができて冷静になれる

・不安の正体がわかり、不安が減る

という大きなメリットがあります。

これは悪いことだから考えてはいけないと、思い込まずありのままを言葉にしましょう。

観察する自分を持つ

自分を見ている自分をイメージするということです。

これが少し難しいです。

観察するレイ
観察するレイ
あなた(レイ)は心理学の勉強をしているんですね

これにより、何をしているか観察ができるので、自分の行動を実況しやすくなります。

この観察する自分は、 『理想の人物』を思い描くといいといわれています。

・好きな相手

・尊敬している相手

などをイメージして、常に横で自分を見ているような感覚です。

もちろん自分でもOKです。

これは安直ですが、そんな相手に見てもらえれば頑張れるからです。

レイ
レイ
私も部活の試合では、応援してくれる人がいたからこそ、苦しい時も戦い抜けました。

弱っている時こそ、自分を見てくれる存在というのは大きいです

難しければ、漠然とふわ~っとしたものをイメージしてもらえればOKです。

そのイメージをしてから、自分の行動、思考を実況します。

マインドフルネスは難しい

題名では【超簡単】と銘打っていますが、最初はかなり難しいです。

それは、忘れるからです。

今からマインドフルネスを実行しようとしても、10分後にはきっと忘れていますよね?

マインドフルネスを習得するということは、これを人生のどの瞬間においても思考しているということになります。

そんな方に朗報です。

結論:マインドフルネスは1日10秒でOK

これを1ヶ月続けることができれば、ほとんど習得しています。

だからこそ、題名で超簡単だと言い切っています。

また、よく見るものなどに印をつけておくことで、忘れていることに気づきます。

レイ
レイ
私は手に『マイフル』と書いています

深呼吸でマインドフルネスを取り戻す!

いくつかやり方がありますが、マインドフルネスを忘れていた時には

深呼吸で思考を取り戻しましょう。

具体的には、

鼻から息を吸い、口から吐くという動作の中で

「鼻から新鮮な冷たい空気を吸い込んでいる」

「口から吸い込んだ息を吐いている」

と思考することで、マインドフルネスを思い出すことができます。

また、目を閉じることで残りの五感が研ぎ澄まされるので、さらにいろんなことを感じやすくなります。

私のマインドフルネス体験談

体験談があると、マインドフルネスの効果がわかりやすいと思います。

いくつか紹介します。

テレビをダラダラ見ている時

観察する自分
観察する自分

あなたは今、ダラダラとテレビを見ていますが、

同時に外に出たいとも考えていますね

レイ
レイ
外に出たいという考えを持っていたのか

 

疲れて寝たい時

観察する自分
観察する自分

あなたは今、疲れて寝たいという思っていますが、

同時に起きて勉強したいという気持ちもありますね

レイ
レイ
確かに疲れてるけど、勉強してみようかな

 

二度寝しようとする時

観察する自分
観察する自分

あなたは今、二度寝して快感を得たいと思っていますが、

同時に早々に起きて、本を読みたいと思っているんですね

レイ
レイ
二度寝は気持ちいいけど、布団から出て本を読もうかな

 

苦手な生き物が出た時

観察する自分
観察する自分
あなたは今、あの生き物に恐怖を感じていて、逃げ出したいと思っているんですね
レイ
レイ
あ~私はあの生き物を怖がってるんだ~。

でもそれがわかったらそんなに怖くないな

 

私は、この「同時に~」の部分で自分の意識を言葉にすることで、自分の相反する考えがあるということを認識できます。

自分が不安を感じている対象に対しても、言葉にしてみると全体が見えてきて不安も減ります。

また、ご飯を食べる時も味を実況すると美味しさが増します。

かなりメリットありです。

マインドフルネスのまとめ

マインドフルネスのまとめ

・マインドフルネスとは今、自分が何をしているかを認識すること

・マインドフルネスのメリットは、苦しみがなくなること

・マインドフルネスのやり方は、観察する自分を持って自分の行動、思考を実況する

・1日10分でもいいから続けると良い(深呼吸で思い出そう!)

・私はマインドフルネスで冷静になれました

最後に

今回はマインドフルネスについて解説していきました。

自分の行動、思考を実況することでいいことがたくさんあります。

定着させるには少し時間がかかりますが、1日10分でも自分を観察する自分を意識して、生活してみてください。

マインドフルネスでなく、瞑想で代替することもできます。

目を閉じて、感覚を集中させて30分ほど呼吸をする、たったそれだけですが、多くの経営者が実践されています。

自分にあったマインドフルネスをやってみてください。

 

本記事はこちらのマンガを参考にしています。

わかりにくかった方はこちらをお買い求めください。

 

 

最後までお疲れ様でした。

ABOUT ME
レイ
レイ
心理学の担当をしています。読書好きな理系大学生やってます。 夢は自分の家を図書館にすることです。 図書委員長や登校班長など異質な経歴を持っています。 座右の銘は「人の不幸はメシウマ」です。(感性疑うわ…)