趣味

PCスペックの見方について学ぼう!

ユウ
ユウ

こんばんにちは、ユウです。

今回はPCのスペックの見方について紹介していこうと思うよ!

ぜひ、PC初心者の方で、よくわかっていない人は見るようにしてね!

PC購入の際に見ておくポイント!

PCのスペックを知りたい場合は大体の場合3点確認します。

その3点とは「CPU」、「メモリ」、「GPU」です。パソコン初心者の形であればこの3つを見ておけばあとはあまり見る必要はありません。

それでは、この3点について説明していきます。

CPU(Central Processing Unit

PCのスペックでCPUは一番といっていいほど大切です。ゲーム配信では1度に多くのアプリやウィンドウを開くので処理の負担がかなり大きくなってしまします。

この負担が大きくなってしまうと、PC全体の動作が遅くなってしますので、アプリケーションが正常に動かなかったりするトラブルが発生したりします。

これでは、配信がまともにできなくなってしまう可能性があるのでCPUはかなり気をつけるようにしましょう。

CPUのメーカーには、Intel(Core iシリーズ)とAMD(Ryzenシリーズ)という有名メーカーがあるので気に入ったほうを購入することをおすすめします。

私個人の意見ですが、Ryzenシリーズのほうが値段のわりに高性能な傾向があるのでそちらがおすすめです。

CPUの調べ方

PCを持っている方はぜひ調べてみてください。

1.スタートボタン(画面左下のWindowsマーク)を右クリックして、「システム」を選択してください。
2.バージョン情報の「プロセッサ」を見ます。

メモリ

メモリはデータを記憶する部品です。

ここでいうメモリはデータやプログラムを一時的に記憶する部品で、コンピューターにおいて主記憶を担当します。

このメモリについてよく例えられるのが、机や作業台です。机の上が広ければ広いほど作業はしやすくはかどります。

メインメモリもパソコンを使っているときや何かのプログラムを開くときに、作業台のように利用されます。

このことから、メモリの容量はパソコンの動作速度に影響されます。

メモリの調べ方

動作確認は先ほどのCPUとほぼ同じです。

1.スタートボタン(画面左下のWindowsマーク)を右クリックして、「システム」を選択してください。
2.バージョン情報の「実装 RAM」を見ます。

GPU(Graphic Processing Unit)

パソコンでは人間が理解しやすいように情報をグラフィック化しています。このグラフィック化をになっているのがGPUです。

GPUは普通の作業用パソコン(事務処理など)では特にグラフィックは要求されないのでそこまで性能はこだわっていません。ですが、PCゲームをするとなった場合PCにかなりのグラフィック化を要求されます。

この際、低スペックのGPUでの処理は到底不可能となるのでゲームをする際にはGPUはこだわる必要があります。

GPUの調べ方

1.「デバイス マネージャー」を開く
2.「ディスプレイ アダプター」を見る

ゲームをするために必要なスペック

それでは、もしゲームをしたい場合にどのようなスペックを選べばよいのか紹介します。

CPU(Core i5以上)

CPUは、Core i5以上を購入するようにしてください。もし、金銭的に余裕があればCore i7を購入するとベストです。

CPUの性能は世代が関係してきますが、第1世代からだんだんと性能が上がっていきます。

私のおすすめする「Ryzen」シリーズですが、このシリーズは「Core i」シリーズと対応したような形となっているので、「Ryzen 5」以降を購入するようにしてください。

メモリ(8GB以上)

メモリは8GB以上は必ず必要です。

確実なのは16GBとなりますが、先ほども言ったように作業台は広いほうがいいので予算が許す限りはこちらを購入するようにしてください。

GPU(GTX1600以上)

目安としてはGTX1660以上がおすすめです。GTX1660はグラボで最もシェアのあるNVIDIA社のGeforceシリーズと言われるものです。

パソコンを購入する際はこのシリーズが、かなりの頻度で目につくと思います。GPUで迷った際にはこのシリーズを選んだほうがいいです。

Geforceシリーズの一覧を以下の表にまとめています。

 

名称値段(説明)
RTX2080Ti16万円(超ハイエンド)
RTX2080 SUPER10.5万円(2019年07月新作モデル)
RTX20808.5万円
RTX2070 SUPER7万円(2019年07月新作モデル)
RTX20705.5万円
RTX2060 SUPER6万円
RTX20604万円
GTX1660Ti3.5万円
GTX16602.8万円
GTX16502万円(このモデルから最新ゲームは厳しい)
GTX1050Ti1.7万円

最後に

今回は、PCのスペックの見方について紹介してきました。

他にも、ゲーム実況するためのPCスペックやVtuberになるためのPCスペックについて紹介しているので、そちらのほうも確認してみてください!

https://cupuasu.club/gaming-pc/

https://cupuasu.club/vtuber-pc/

今回はこれで以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ABOUT ME
ユウ
ユウ
プログラミング担当です。夜行性大学生やってます。 メンバーの中で一番プログラミングが得意で、将来はBMIという研究をしてALSの患者さんへの医療機器の開発を目標にしています。(すごそう) 無線LAN有線LANより便利。