趣味

【2020年】動画編集するためのPCスペック紹介!

ユウ
ユウ

こんばんにちは、ユウです。

今回は動画編集・制作におけるオススメPCについて紹介していきたいと思います。

私自身、案件などで動画制作・編集を行っているので、これから動画編集を始めたいという方は見てみると、何が必要なのかわかるかと思います。

動画編集に必要なスペック

早速ですが、動画編集に必要なパソコンのスペックについて紹介していきたいと思います。

動画編集・制作をしたいパソコンを選ぶ際には、CPUメモリがかなり大事になっていきます。

CPU(Central Processing Unit

PCのスペックでCPUは一番といっていいほど大切です。CPUは人間でいうと頭脳の部分でこのスペックが高いと、作業を早く処理してくれます。

動画編集ではかなりの作業を要し、CPUにかなりの負担がかかってしまいます。

この負担が大きくなってしまうと、PC全体の動作が遅くなってしますので、アプリケーションが正常に動かなかったりするトラブルが発生したりします。

ですので、CPUは基本的には高性能のものを選ぶようにしましょう。

メーカーについて

CPUのメーカーには、Intel(Core iシリーズ)とAMD(Ryzenシリーズ)という有名メーカーがあるので気に入ったほうを購入することをおすすめします。

私個人の意見ですが、Ryzenシリーズのほうが値段のわりに高性能な傾向があるのでそちらがおすすめです。

オススメCPU

私がおすすめするCPUはCore i7かRyzen 7です。

このくらいのスペックであれば大抵の個人で行う動画編集は何とかなります。

世代によって少しばかり性能に違いがありますが、基本的には気にしなくても大丈夫かと思います。

気になる方は、「CPU 世代」とググればわかるかと思います。

参考程度に他サイトの記事を紹介しておきます。

メモリ

メモリはデータを記憶する部品です。

ここでいうメモリはデータやプログラムを一時的に記憶する部品で、コンピューターにおいて主記憶を担当します。

このメモリについてよく例えられるのが、机や作業台です。机の上が広ければ広いほど作業はしやすくはかどります。

メインメモリもパソコンを使っているときや何かのプログラムを開くときに、作業台のように利用されます。

このことから、メモリの容量はパソコンの動作速度に影響されます。

オススメメモリ

メモリについては、先ほど作業台と比喩しましたが、やはり大きいものを使ったほうが作業がやりやすいので、メモリも大きめのものを購入することがおすすめです。

私が使っているのは、32GBのものを使っています。

これは少し大きすぎかもしれませんので、少し値段を抑えたいという方は16GBを使うといいかと思います。16GBでも十分に動画編集ができるかと思います。

PCはノート?デスクトップ?

動画編集においてYoutuberの方々はノートを使ってる人もかなりいるので、ノートとデスクトップどちらが良いの?という方もいるかもしれません。

これに関して言えば個人的にはどちらでも構わないと思います。

ですが、デスクトップと同じ性能をノートPCの求めてしまうと、かなり値段が高くなってしまうので、安くて高性能を求めたい方は、デスクトップが良いかと思います。

ですが、外で作業がやりたい!という方は当然ノートを買ったほうが良いかと思います。

そこは人それぞれですので、好きにやったほうが良いかと思います。

オススメPC

それではオススメPCについて紹介していきたいと思います。

まずは私が使用しているPCについて紹介していきます。

GALLERIA XT

スペック

値段129,980(+税)
CPUCore i7-9700
メモリ16GB (増築可能)
グラフィックスGeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6
ストレージ512GB SSD / 1TB HDD

普段からこのパソコンを使用して作業していますが、重くなることはほとんどなく快適に使用することができています。

このくらいのスペックがあれば、どのパソコンでもよほど手が込んだ動画編集以外でしたら作業が快適にできるかと思います。

このパソコンはドスパラというパソコンの通販が販売しているのですが、このサイトでも売上がジャンル2位という実績がありますので、ぜひ調べてみてはいかがでしょうか。

ノートパソコンはMacBookですと以下の製品がおすすめです。

この商品についてはこちらから!

MacBook Pro MR942J

スペック

 

値段244,500(+税)
CPUCore i7
メモリ16GB
グラフィックスRADEON PRO 560X
ストレージ512GB SSD / 1TB HDD

 

MacBookで動画編集をしたいという方はこのMacBookを最低ラインと考えて購入を考えたほうが良いです。

また、私が普段使用している無料動画編集ソフト「Aviutl」ですがMacには対応していないので、別の動画編集ソフトを導入する必要があります。

本気で動画編集をやりたくてパソコンを購入するなら、AdobeのPremiere ProやAfter Effectsを購入したほうが良いと思います。

ですが、これらのソフトは高価ですので、よく考えて購入するようにしてください。

動画編集ソフトについては、こちらの記事で触れているので気になる方は読んでみてください。

動画編集・制作で案件からお金を稼ごう!【オススメソフトも解説】本記事では動画編集で案件を取る方法を解説しています。また、本記事ではオススメの無料・有料ソフトも紹介しています。今動画編集をやってみたい人などに必見の記事です。私自身、Aviutlという無料ソフトを使って受注しました。ぜひやってみてください。...

最後に

今回は動画編集で使用するパソコンについて紹介していきました。

コロナのせいで外出自粛が続く中、時間が余ってて退屈している方はぜひ動画編集を始めてみてはいかがでしょうか。

今回はこれで以上となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ABOUT ME
ユウ
ユウ
プログラミング担当です。夜行性大学生やってます。 メンバーの中で一番プログラミングが得意で、将来はBMIという研究をしてALSの患者さんへの医療機器の開発を目標にしています。(すごそう) 無線LAN有線LANより便利。